自分を大切にして幸せになる方法

sponsored link

具体的に幸せになる方法は、人の個性の数だけ ありますが、理屈は一緒であって、自分の好きを 最後まで諦めないことです。 自分の好きなことだけをしたら、生活が困るとか、 好きな人は振り向いてくれないとか、異論、反論は 沢山あると思いますが、基本的に義務感だけで 生きていくには人生は長過ぎます。 好きという感覚は、自分そのものです。 理屈ではない、肩肘張らない生きる理由です。 様々な説明は出来ますが、自分の好きを 100パーセント丸出しで生きられる人は どこにもいません。 だからこそ好きに価値がありますし、個人的な 幸せに繋がります。 自分の中から生きる動機となるような好きが まったく無くなってしまえば、生きる意味が 感じられなくなります。 決して生きる意味が無くなるわけではないのですが 手応えや張りあいと言った、生きる動機を 支えるようなものが感じられなくなるのです。 恋人や子供に取り付いても、それは自分の 人生ではありません。 幸せを感じられない人に限って、パートナーに 対しては、早々に失望します。 自分の好きを取り戻せば、他人の好きも 分かりますから、家族関係も愛情関係も 拘束し合うものではなく豊かになっていきます。 クリスマスにサンタさんがプレゼントを 持って来てくれるという話はお伽噺ですが、 自分の好きなことを見付けることは、 お伽噺ではありません。 人それぞれ様々なことを抱えていますが、 だからこそ自分の好きを大切に育てていくことが 幸せに生きる秘訣です。 その好きがお金を生まないからとか、他人の 好きよりも見劣りする等々好きに対する マイナスな見方は自分に対する愛情の在り方です。 自分を好きになれれば他人を圧倒しなくても 自信を持てますし、失敗しても「まあ、いいや」と 思ったりも出来ます。 そのような感情は親子関係で決まる部分が 大きいものですが、好きを大切にすることで やり直せる部分です。 タイミングや理由は、どんなものでも構いません。 クリスマスイブにだから、何か始めてみたというのも ぜんぜんありです。

sponsored link