愛情と孤独の関係

愛情を移し替える対象が見出せない時に 孤独は辛いものになります。 それは、愛する人やもののない寂しさです。 誰かの愛が自分自身に移し替える対象に 選ばれない辛さと似ているようで かなり異なります。 愛情を能動的に与えることが出来る程度に 従って、人は強くなります。 それはそうあろうとして頑張らなくても 自分自身を通過して、いくらでも愛情が 通り抜けていくのです。 しかし、それは愛情を移し替える人やものと ぴったりの関係でなくてはなりません。 愛情は、物質ではありませんから、適当に 誰にでも何にでも移し替えられるものでは ないのです。 愛情は、それに合った器をいつも求めています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする