いきなり深い仲になった時に絶対にしてはいけないこと

sponsored link
 

年末年始は、案外ハプニング的展開が あったりする時期です。 盛り上がってしまって、そのまま深い仲に なってしまうこともあります。 そのような場合、その後どうすれば良いのか 悩んだりするかも知れませんが、元々 結ばれるような強い相性なのか、単なる 勢いだけだったのかを見定めてから 判断しても悪くはないかも知れません。 年齢や相性にもよりますが、ある程度の信頼関係が 出来てからという、理性の段取りよりも インスピレーションが先に弾ける場合もあります。 弾みで深い仲になったとしても、惹き付けられる ものがあって、尊敬出来るポイントがあれば 案外、そのまま短期決戦で結婚までいくことも 十分にあり得ます。 楽しいだけであれば、仮に付き合っても 流される関係がずるずると続く場合があるので、 要注意ですが、何か尊敬出来るポイントがあると、 ハプニング的にスタートしても、十分に 赤い糸の可能性があるのです。 信頼関係を、後から構築することになりますが、 理性は騙されたり、勘違いすることはあっても 閃きはその段階を一気に飛ばすことが出来ます。 もし、このような展開で悩むことがあれば、 思い切って走り出してみるのもありです。 その時に、「普段はこんなじゃない」とか言い訳を してはいけません。 なぜなら、持ちだされた言い訳は、二人の関係を 騙すことになります。 男性側は、体だけであればあるほど、その言い訳を 肯定します。 女性は、自分の中にある疑問点に目をつぶって しまいます。 このような展開が本物の時は、二人が常識を 気にしないくらい真っ直ぐな時だけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!