生まれてきた意味をどれくらい自分のものにしたか知る方法

sponsored link
 

占星術的に自分が生まれてからの流れを辿る方法は ありますが、その人個人の主観をもっと強めて これまでの成長の軌跡を感じる方法があります。 自分自身の出生のホロスコープを生まれた日時の トランジットで読み取ってみるのです。 自分自身の出生のホロスコープだけを観れば、 何回観ても同じものです。 正確に言えば、その時の気分で感じ方は異なります。 それは、その時の自分の状態が異なるからであり、 占星術的には、運行する天体の動きが違うからです。 不思議なことですが、生まれた時の出生のホロスコープと その時の運行する天体、つまりトランジットの関係は その人の生まれてきた意味や課題を示している部分が 多分にあります。 これは、実際に本人しか感じられない感覚で、 第三者が観ても、自分に引き付けて考えるのは 不可能な部分です。 生まれた当時のトランジットから引き付けることが 出来る意味と今のトランジットと出生のホロスコープが 示すものを比較すると、現在における自分自身の 立ち位置が明確になります。 客観的に見れば出遅れたように見えても、内面は 確実に進化していたり、外側ばかり取り組み過ぎて 中身はほとんど空っぽのままかも知れません。 もちろん、その逆もあります。 平成は来年の4月で他の年号に変わります。 そのようなことを一つの節目にしても良いですし、 2018年の終わりに、自分だけが感じることが 出来るこれまでの自分の成長を確かめることも 悪くないかも知れません。 少なくとも自分自身の立ち位置を内面に 求めるのであれば、とてもお勧めです。 自分自身が感じている分だけが、その人に とって現実に作用しますが、今感じていることを 誰かにぶつけて更に深めたり広げたりすること 出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!