占星術的視点から考える発達障害と幸福の関係

sponsored link

発達障害と占星術というタイトルにしましたが、 発達障害タイプの人や実際にそう診断された 人のアスペクトというものでは、特別に ピックアップ出来ません。 なぜなら、良い方向に出れば高い社会的評価を 受ける人も多いからです。 方向性が悪くて本人が不利益を受けたり、周囲が 困る場合は、マイナスなイメージで受け取られますが 何かしら業績が評価されている場合は、様々な 問題は目をつぶってもらえますし、そのような人は そんなもんだということになります。 結論を言えば、占星術的には病気ではなく キャラクターの一種です。 それによって本人が困っていても、トータルで プラスが出ていればキャラクターとして 成立しますし、人間は、本人全体が思い切り マイナスでも、社会全体でプラスを与えて バランスを取る制度や仕掛けも沢山あります。 大雑把に言えば、このような評価も12サイン別に なりますが、そもそも12サイン別の特徴が 突出するほど発達障害的な要素が増えるのです。 もし幸せでい続けたり、幸運に恵まれたいのであれば 発達障害はキャラクターとして扱った方が 良いと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする