安眠と心の結界

sponsored link

心の均衡を保つポイントは、その日の始まりと 終わりの整え方にありますが、どちらかと言うと 一日の終わりの方が大切です。 きちんと閉じると次が丁寧に始まります。 勢いや一つの時間の流れを消したくなくて 一つ一つの区切りのしるしを付けないままに 進めていくと、次第に物事の引っかかりが なくなってしまいます。 意識が滑り出すのです。 気持ち良く滑る時は、快感かも知れませんが、 止まりたい時に止まれなくなります。 それは、とても危険なことです。 毎日、一日を丁寧に終える必要はありません。 どちらかと言えば、よほどの余裕がないと ゆっくりと丁寧に終えられないかも知れません。 それでも、一日の区切りを付ける手順を 行うことは重要です。 この手順は、人それぞれですから正解はありません。 眠りに就くということは、小さな死です。 心に結界を張って良い眠りを得ることは 価値があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする