弱点の取り扱いについて

自分の弱点をどのように取り扱うかで 気分は大きく変わります。 それでは駄目だと思う人は、苦しいでしょうし 別に良いやと思う人は、さほど落ち込まない かも知れません。 しかし、弱点の本質は他人との関係性において 発生するものであって、自分がどう思うかでは ありません。 それでもなお、実際の感じ方に主観が大きく 関わる理由は、弱点と表現される部分は、 その人の限界値を超えるための機会を 作り出すものだからです。 まったく弱点が無ければ人は、成長しません。 そのような客観性を持つことが出来れば 弱点を無視することも、気にし過ぎることも 正解とは言えないでしょう。 twitter facebook hatena G+ LINE

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!