子供や自分をモンスターや生贄にしないために注意したいこと

sponsored link

夫婦だけではなく、親子関係も月サインの

相性は重要な側面があります。

月そのものには発展性はありませんが、

あらゆる行動の起点であり、幸運の受け皿

でもあります。

それぞれ月サインが長所を発揮するための

共通点は、親の共感的理解です。

これが得られない場合、人間関係に対して

独自の理解の仕方を始めます。

親しい大人から共感を得られないことは、

子供にとって月サインが破壊されることを

意味しますが、それでも子供も生き残らないと

いけないので、何とか状況に適応しようとします。

それは周囲に共感出来ないまま、理解力だけを

身に付けるプロセスの始まりです。

理解力だけが高く他人に共感しないキャラクターは

どのようなサインであっても、それぞれ大なり小なり

モンスター化します。

モンスター化に失敗すれば、集団のフラストレーションを

晴らすための生贄になります。

感じ方に間違いはありません。

もし愛があるならば、自分と違う感じ方であっても

幾らか認める方向性を検討する態度があれば

幾らかでも救われます。

月サインは、自覚し難いので占星術は大変役立ちます。

合わせて月のハウス、アスペクト、そして親子の相性を

一度観てみることはお勧めです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!