誰でも自分を幸せに出来る2つのポイント

sponsored link

様々な幸運術とも呼べるものがある理由は、

幸運を呼び込む絶対的な方法はないからです。

しかし、これが意味することは多くの幸運術が

まったくの出鱈目であるということではありません。

簡単に言えば、幸運と感じられる状態は、

バランスの感じられる状態です。

たとえ、今の状況がかなり悲惨でも、ある種の

整った状態を意識的に作れるのであれば、

人は生き続けていきます。

逆に客観的にかなり裕福で他人が羨望するような

境遇であっても、本人自身の中でバランスを

欠いている状態が続けば、相当な苦痛を感じます。

兎にも角にも居心地が悪くなるのです。

一つ目のポイントのお呪いや幸運術です。

例えば、虐待に起因するような心理的な闇を

抱えている場合は、根本的に改善されて心の奥底から

立ち直っていくには時間がかかります。

それでも楽しく幸せに過ごしていくのは、根本的な

改善よりも、その時々でバランスの取れた心の状態を

能動的に作り出すしかありません。

この能動的に作り出す具体的な手段が

幸運術やお呪いです。

二つ目のポイントである霊です。

心は傷付きますが、魂を傷付けるのは、難しいからです。

霊も霊なりの体があるので念を持ちますから

肉体がある時に傷付いた思いを引きずりますが、

魂自体が深く損なわれたわけではありません。

これを生きている人の幸福感に当てはめると

本当の自分は、傷付いてはいないとも言えるのです。

sponsored link

実際には肉体が重要な存在意義になる生きている

人間に辛いことがあれば、傷付かないことは困難ですが、

根本的な魂は無事だからこそ、心はその時々で

バランスが取れれば、それなりの幸福感を作ることが

可能になります。

そのバランスを取るための方法をお呪いや幸運術と

呼ぶならば、そのようなものは、いくらでもあります。

いくらでもあるということは、絶対に希望です。

どんな苦労をしてきた人にも、何かしら

ぴったりくるお呪いや幸運術があるということです。

お金があっても、心はボロボロかも知れません。

あとお金だけあれば、全てが豊かになる人もいます。

そのような人は、かなり実際的なチャンスを得ることが

幸運の始まりになるでしょうし、本当にどれが正解

というものではありません。

その人にとっての秩序みたいなものは、占星術的には

元素のバランスに表れるかも知れませんが、その人

全体のバランスを取るために必要なものは、

その時々の環境でいくらでも変わりますから、

ちょっとくらい上手くいかないこと普通です。

バランスの具合が良くなれば、すぐに調子は

良くなるものです。

自分自身の幸運術や良いお呪いのレパートリーを

少しずつ増やしていけば良いだけです。

頑張っていれば、知らない間に増えていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!