誰かの一番になれる人の努力のやり方

sponsored link

誰かの一番になれる人は、実際には見えない

パートナーのことを沢山思い浮かべられる

タイプの人です。

これは理性で考えて出来ることではありません。

何かを感じて浮かぶイメージは、応用が

利きますが、それを意識して行うと

ぎこちなくなります。

詰まらないケンカをして、仲直りするまでの

ギクシャクした感じに似た状態です。

どうすれば良いのか、理性で考える人の多くは

意識していることと、自分の本当の

気持ちの間にギャップがあります。

一つ一つの考えないと上手くいかない関係は

そもそもが相性が良くありません。

それは、自分自身の理性と気持ちが離れていれば

離れているほど、自然にどうすれ良いのか

浮かばなくなります。

自分が駄目なのでもありません。

相手と合わないという問題でもなく、自分自身の

本当の気持ちと理性が離れすぎているだけです。

そのような状態だと、どうしても理屈で考えて

しまいますが、気持ちの部分が主役に

ならない限り、誰かの一番になれるような

行動力は生まれません。

理屈が先行するタイプの人は、わざわざ自分に

合わない相手を引き付ける努力をしているのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!