占星術とミトラ教の天体の意味の比較

sponsored link

占星術の天体の意味とミトラ教の天体が表す

内容は、異なりますが、こういう見方をする

こともあると知っていると、場合によっては

考え方に幅が持てるかも知れませんし、

まったく意味がないかも知れません。

ミトラ教で月は、生命力を表します。

これは占星術と重なります。

ミトラ教で水星は、欲望を表します。

占星術で水星はあまり重要視されませんが、

身体を持った好奇心を個人的な欲望と

捉えれば、占星術と重なる部分はあります。

無駄な好奇心は価値観によっては欲望の一種です。

定められたこと以外の好奇心を満たすことは

贅沢ということかも知れません。

ミトラ教で金星は、性欲を表します。

占星術では恋愛ですが、恋愛は性愛であると

率直な定義なのかも知れません。

片思いであっても、性的なエネルギーが

働いていると考えれば正しいかも知れません。

ミトラ教で太陽は、能力を表します。

占星術では、太陽サインが示す精神性が発揮されるか

どうかは、本人が自立しているかどうかですが、

自立してこそ発揮する使命みたいなものを能力

であると考えれば、太陽サインを生きないという

選択肢は無いのかも知れませんし、ミトラ教の

時代的に他人の意思で生きる人間は、奴隷

という立場で考えられたのかも知れません。

ミトラ教で火星は、戦闘的な性質を表します。

これは占星術と同じようなものですから、

火星に託されるイメージはかなり強固なおでしょう。

ミトラ教で木星は、社会的な欲望を表します。

これも占星術と似ています。

ミトラ教で土星は、怠情を表します。

占星術では、このような表現はしませんが、

克己心を発揮しなければ抑圧されて

土星サインが示す内容はなかなか働きません。

コンプレックスと解釈される理由です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!