堂本剛さんの芸術的表現と金星と土星のオポジション

堂本剛さんは、金星と土星のオポジション

(180度)を持っています。

土星と真正面に向き合う金星ですが、

より大きな枠組みである土星の影響を強く受けて

変化していくことになります。

堂本剛さんの土星は乙女座7,81度で、

金星は、魚座の14.33度です。

金星魚座である堂本剛さんは、幼少から自分自身で

精神的に自立したと感じられるまでの間は、

周囲の人や環境に金星魚座的とも言える

細やかな愛情を求めていたと思うのです。

sponsored link

でもこういった種類の愛情は、なかなか

満たされるものではありません。

逆に言えば、家族であれ、親友であれ、

その様なものを求めても仕方ない、

自分で何とかしないといけない、

作り出すしかないと理解出来た瞬間が来て

やっと精神的な自立がスタートします。

このプロセスは、非常に苦しいもので、

遠慮しながら求めていても分かってもらえないから、

怒る、拗ねる、激しく怒る、を繰り返しながら、

だんだんと堂本剛さん自身が自分のニーズを

客観的に見詰められるようになっていくのです。

これは大変な道のりです。

sponsored link

堂本剛さんについて考える、その1、

堂本剛さんについて考える、その2、

で考えて来た様にな不安定な形の堂本剛さんが

このプロセスを辿るのは命懸けかも知れません。

そして他人に求めても仕方がない種類の

ニーズなんだと気が付いて歩み始め、

金星と土星のオポジション(180度)を

積極的に用入り始めると、それは何らかの

芸術的表現にならざるを得ません。

金星と土星のオポジション(180度)を

前向きに表現出来る様になっても、

土星は乙女座土星なので、細かいことが気になって

なかなか満足できないか、一つの表現が完成しても

すぐに「ちょっと違う」と思ってしまうかも

知れません。

上記の様に苦労して金星的なもの(愛情、楽しみ等)に

関わるために、シニカルな一面がどうしても

育ってしまいますし、時として意地悪く見える場合も

あるかも知れません。

金星期は、概ね、16歳から25歳くらいですが、

この金星にオポジション(180度)のアスペクトを、

しかも土星で持つことは非常に苦しく大変なことだ

思いますので、その影響は致し方ありません。

ただ金星の年齢域を超えても、作用は続くので

その時期に培われた価値観から生まれた

趣味や嗜好は一生関わりを持つはずです。

もちろん、苦しみの元みたいに感じる内容を

抱えたものなので、突き放そうとしたり、

でもやはり大事だと感じて引き寄せたりを

繰り返しながら安定していくので

ある意味一筋縄にはいきません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!