高島礼子さんと結婚問題

高島礼子さんは、生まれ時間によっては、太陽と強いアスペクト

がほとんどありません。

太陽と土星のインコンジャクト(150度)があるのですが、これは

太陽と土星を常に調整し続ける意識的な努力が必要になります。

高島礼子さんの獅子座太陽から魚座土星に向かって行きます。

太陽と土星は、理想とゴール、落としどころの関係でもあり、

太陽は夫も表します。

高島礼子さんの太陽のサビアン度数は、獅子座3度で、土星は

獅子座4度です。

内面に輝く火の活力を時間や空間に捉われずに表現していく

感じになります。

sponsored link

現実に高島礼子さんは、現代ドラマから時代劇、漫画の実写化

まで幅広く演じていらっしゃいます。

実際に演じながらインコンジャクト(150度)のアスペクトを

生かしているというか、女優としてのキャリア、演技を磨いて

いっているのです。

そもそも高島礼子さんの太陽のサビアン度数獅子座3度は、

実年齢や時代と関係なく精神的な活力を実際に発揮します。

ある意味結末を示す土星サビアン度数魚座4度そのものに、

向かって行くような太陽なのです。

他にも金星と火星のコンジャクション(0度)がありますが、冒険心

があり、愛に対する行動力は凄まじいです。

金星と火星が重なるので肉体関係も大好きです。

一見、姉御肌でアグレッシブな高島礼子さんに自発的に行動する

きっかけになる活動宮が無いのは驚きでしたが、活動宮が無い

ことを不思議に思うよりも、女優として演じることで、補って

いると考えれば高島礼子さんなら全く問題ない思えるのです。

高島礼子さんの私生活で活動宮を補ってくれるのが、恋人や夫と

思われます。

sponsored link

恋人を考えると金星と火星のコンジャクション(0度)から、

肉食系的出会いから始まって、恋人から結婚に意識がシフト

してくると、上手く結びつけるために訓練しないといけない展開

になっていくのです。

恐らく若い時のカーレースをされていた時も、ドライビング

テクニックを磨くというインコジャクトの影には、高島礼子さん

を満足さす性愛の技術も長けた男性の影があったと思うのです。

そして高島礼子さんが社会的に力を付けた後は、無名の俳優を育

てていくような形で、インコンジャクトの訓練という影を

高知東生さんに投影したのではないでしょうか。

高島礼子さんは、公私ともにパートナーに深く影響を受けるの

で、単純に離婚して仕事だけに生きれば良いと言えない側面が

あります。

女優としての部分は問題ないですが、仕事は私生活までは

満たしてくれません。

金星と火星のコンジャクション(0度)の部分を完全に仕事だけで

昇華するのはフラストレーションではないでしょうか。

仕事で99%昇華出来ても、残りの1%は私生活で満たす必要が

あるとしたら、やはり今回の事件は公私ともに痛手になります。

高島礼子さんの太陽を考えると、夫を意識する段階にある男性と

の関係はかなりの努力を要する関係かも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!