北野武さんに学ぶ山羊座28度の豊かさ

1947年1月18日正午の東京誕生のチャートで見ています。

北野武さんの太陽のサイン(星座)は、山羊座27,17度です。

サインを1度ずつ考えると、27,00度から27,99度は

28度と考えます。

どのサインでも28度は、そのサインから切り離される場所に

なりますから、どのサインに属していたかで意味合いが

異なってきます。

北野武さんは山羊座なので、現実、その中でも漫才という現実の

中で生きてきたことになりますが、そこから脱出するのです。

脱出した結果、漫才で有名になるまで追求してきた価値観を突き

崩すような様々な価値観や情報に触れるような活動をします。

これは、北野武さんの成功の軌跡を時系列に捉えただけでは

ありません。

山羊座28度がまさにそういう展開だから北野武さんに

その意味合いを学ぶ価値があるのです。

sponsored link

そして何よりも太陽のサイン(星座)は、人生を積極的に

生きなければ発揮されない種類のものです。

本気で生きなければ太陽は輝かないのです。

輝いた結果として名声や財産が付いてきます。

ただ一つの疑問として、生まれつき太陽のサインとして

山羊座28度で生まれて来るのだから、何かしらの

分野で頂点を極めないと発揮されないという条件付けは

おかしいのではないかという視点もあります。

山羊座という性質上、現実的には、何かしら達成する

必要性はありますが、山羊座から切り離されるという

ことは、次に準備して飛び込んでいくのは、水瓶座です。

それまでの現実的な山羊座体験を相対化するような

情報(水瓶座)に触れるという意味合いの程度を考慮すれば

その豊かさの質が見えてきます。

sponsored link

山羊座的な現実のギリギリは、身体です。

この世に生まれて来たからこそ肉体を持っています。

それがある人の現実的頂点であれば、それを相対化するような

水瓶座情的報は霊的なものになります。

つまり霊的な情報を得るということもあり得るのです。

北野武さんのように漫才師として成功し、そこを足場に、

マルチな活動を通して今までの自分を相対化するような

様々な情報に触れていく場合もあります。

山羊座28度の個性を全力で発揮して豊かになることを

考えれば、やはり何かしら現実的に極めてその価値観から

抜け出して行った方がより山羊座らしいですし、その後に

出会う情報の質も山羊座に相応しいものになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!