天海祐希さんに学ぶ獅子座15度の豊かさ

1967年8月8日正午東京生まれで計算しています。

天海祐希さんの太陽のサイン(星座)は、獅子座14,89度で

獅子座を一度ずつ把握する場合は、15度になります。

同じ太陽のサイン(星座)を持ち同じ抽象的な理想を心に描いても

現実に実現する段階になると他の天体の協力も必要に

なりますから、誰もが自分自身に与えられた太陽のサイン(星座)の

度数の理想を分かり易く現実に表現出来るわけではありませんが

天海祐希さんは、この度数の豊かさをかなり体現されている

タイプです。

sponsored link

獅子座らしい情感溢れる興奮を表現することこそが獅子座15度

の豊かさであって、宝塚歌劇団で活躍された後も、舞台やテレビ

番組で表現活動を継続されています。

獅子座15度の豊かさは、普段の生活は気持ちを緩めて寛いで

いても表現の場が与えられた瞬間、機会に、完全燃焼することで

ある種の恩寵とも言うべきものを感じることです。

恐らく天海祐希さんも他人に説明出来ないような恍惚感を

得ていると思います。

美しく整った顔立ちはもちろんなのですが、現実よりも遠くを

見据えたような表情は、表現活動を通して、そのような恍惚感を

発する何かを見詰めているのかも知れません。

sponsored link

そのように超然とした部分を持ち合わせていますが、表現活動に

対する反応も獅子座15度の豊かさに必要なのである種の繊細さ

を感じさせる人柄になりがちです。

もしかしたら、脆さと言っても良いかも知れません。

表現活動に完全燃焼し、その中で自分自身にしか分からない

ような感覚に触れるというある種の信念を感じさせながら、

観客のフィードバックを必要とする獅子座15度は、獅子座で

ありながら、存在全体としては一方的ではないと感じさせる

要素があるのです。

獅子座15度の太陽のサイン(星座)を持っている人にとって

天海祐希さんはかなり理想的に見えるのではないでしょうか。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!