孫正義さんに学ぶ獅子座19度の豊かさ

言わずと知れたソフトバンクグループの創業者であり、

現在の日本では、ユニクロの柳井正さんと1,2を争う

資産家です。

今回の記事では、孫正義さんを通して獅子座19度の豊かさを

考えますが、ここ数年、日本の大富豪ランキング1位と2位を

取り合っている孫正義さんと柳井正さんは、180度の関係に

なります。

孫正義さんの太陽のサイン(星座)は、獅子座19度で、柳井正さん

の太陽のサイン(星座)は水瓶座19度なのです。

sponsored link

しかも柳井正さんは、ソフトバンクの社外取締役でもあります。

どのサイン(星座)でも、そのサイン(星座)の最も力を発揮するのは

21度から25度ですが、19度のお二人が日本のトップを争う

資産家というのは、非常に興味深いです。

彼らほどでなくても、他にも19度絡みの資産家の方が

いらっしゃった様な記憶があります。

ただ、もちろんタイプというか、そのサイン(星座)の個性に

基づいた19度なので、それぞれに異なります。

獅子座19度が物心共に豊かさを得るには、自分自身の内面に

忠実に生きる必要があります。

sponsored link

孫正義さんは在日韓国人で、経営に乗り出す以前は日本名を使用

していましたが、実業家として、社会的に不利に働くことを

恐れずに本名の孫正義で勝負に出ました。

銀行には、融資の基準として融通し易い職種や融資対象外の職業

があったりします。

営業が融資の稟議をあげても決済の下り難い条件というものが

あるのです。

在日韓国人であることを表に出して会社を経営することは、

そのようなことに該当することでした。

それでも敢然と自分の心の内と外側の行動を一致させることで

豊かになるのが獅子座19度です。

それは、180度の関係にある水瓶座19度の力を取り込み

弱点を失くそうとしていることが関係しています。

獅子座は、自分の気持ちを衝動的に表現する時に自分らしさを

感じるかも知れませんが、それは同時に弱点でもあります。

しかし、180度反対である水瓶座の力を取り入れることで

その衝動を客観的に見ようとするところに、獅子座19度の

豊かさがあるのです。

獅子座は自分の気持ちに位置するので内面になり、その反対に

ある水瓶座は外面になります。

そこを一致させることは、獅子座19度の豊かさにとって

生命線になります。

そしてきっちり180度反対の太陽のサイン(星座)を持つ

柳井正さんを社外取締役にお願いするに至っては出来過ぎかも

知れません。

ですから、孫正義さんは大きな夢を語り過ぎると言う人も

いますが、純粋に獅子座19度的なのです。

そして獅子座である以上、本来は自分の好みが優先されます。

そうなると大抵の場合は趣味、遊びになりがちなのですが、

それが社会のニーズとマッチする辺りが、大実業家なの

でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!