西島隆弘さんに学ぶ天秤座7度の豊かさ

1986年9月30日正午北海道生まれで計算しています。

西島隆弘さんの太陽サイン(星座)は、天秤座6,66度で

天秤座を一度ずつ考えると天秤座7度になります。

西島隆弘さんは、恐らく幼少の頃から自分の好きなものを

キープ出来ないのではないかという不安と戦っている

可能性があります。

[ad#ad-1]

得ることと失うことの繰り返しの中で、無意識に自分を

守るための努力が止められない可能性が高いのです。

本当は、どこかで努力を止めて休みたいのですが、

休むと全てを失うことを本能的に知っています。

時には、かなり思い切ったことをしてでも自分の

好きなことを守る人です。

天秤座7度の人は、心の中にマイナスからプラスを

示すスピードメーターがあります。

守りに入ればマイナスに入ってしまうので、いつでも

攻める側に自分の存在を踏み込ませないといけません。

これは単に性格や個人的な気持ちの問題ではなくて

現実に周囲からちょっと飲みたくないような条件を

突き付けられるのです。

どれくらい頑張るのか、執着するのか、もしくは諦めて手放して

しまうのか、心はいつも揺れることになります。

この揺れる部分に触れてしまう人間関係の距離に入ると

天秤座7度の人は、急に気難しくなります。

深い関係や好きと自覚する相手になるほど、自分を

コントロールし辛くなるのです。

最初は、努力して望んだ結果を少しずつ手に入れていくので

何一つ手放せるものは無いかもしれませんが、次第に努力だけでは

現状をキープ出来なくなってくると、つまり新しい展開を

作り出せなくなってくると、今まで得たものが自然に手を

離れていきます。

しかし、その離れていった分だけ楽になります。

それを受け入れる心持になれると葛藤に感じられていたことが、

実は自分の心の2面性の問題であると感じられるはずです。

それは、どっちが正しくてどちらが間違いといったものでは

ありません。

決めつけないで能動的に変化するところに、天秤座7度の豊かさが

あるのです。

[ad#ad-1]

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!