高樹沙耶さんと男性の関係性

自分をある事柄でしか確認出来ないとしたら

その対象を心から楽しむことは難しいでしょう。

なぜならそれが強制力として働くからです。

180度のアスペクトは、そのような運動法則を

内包して物事を進めていく力です。

良い方向に働けば、ある種のビジネスに対して適正を生みます。

高樹沙耶さんは、火星と木星の180度のアスペクトが

あります。

sponsored link

しかもその180度は、天秤座15,48度の火星と

牡羊座19,26度の木星です。

火星を婚前の男性パートナー、木星を財産として捉えた

場合、また違った光景が見えてきます。

牡羊座は肉体以前の感覚を追及するサイン(星座)です。

そしてその鏡として働くのが天秤座です。

高樹沙耶さんの木星は、一度ずつ考えると牡羊座20度になります。

これは、働きかける対象が自分自身であれ、他人であれ、

じっくりと育てるある種の集中力を発揮します。

女優やフリーダイビングでの実績も窺えるような木星です。

この牡羊座と合わせ鏡となる天秤座は、一度ずつ考えると

天秤座16度です。

これは対象となる相手に合わせ過ぎて、自分自身の価値観まで

揺らいでしまう面のある度数です。

sponsored link

物事を本当に解決するには、高飛車に正論だけ述べても壁が

出来るだけで寄り添いながら解決の道を探す必要性があります。

子供が何かしらトラブルを起こした時に、謝罪する親のようなものです。

子供と親は別人格だから、親である私には関係ないと子供に主張すれば

親子の絆は生まれないでしょう。

それを他人に主張すれば非常識と思われるかも知れません。

ところが、火星、婚前のパートナーである相手に合わせ過ぎて、トラブルに

発展すれば、その関係性を称賛する人はあまりいないはずです。

それでも財産としての木星と180度で繋がっていると、お金が

なくなるまで、社会的地位が揺らぐまでとことん前進(180度のアスペクト

の性質)してしまいます。

火星と木星が180度の場合、危険を好み易くなりますが、

良く出れば冒険心です。

そして振る舞いが粗っぽくなりがちです。

フリーダイビングという冒険的スポーツを連想せずにはいられませんが、

この局面では高樹沙耶さんは、良い結果が残りました。

女優として活躍されている頃は、表面上は粗っぽさは抑えていたと

思いますが、次第に容姿まで粗っぽさが表れてきたと多くの人が

感じられたと思います。

言い方を変えれば、男性は女性に奉仕すべきであるという感覚を

持ち易いということです。

火星(恋人)との関係で木星(財産)を浪費し易いという関係のバランスとして

男性を従えたい、従って欲しい、従うべきだというような感覚があって

初めて両立するからです。

sponsored link
error: Content is protected !!