竹内結子さんに学ぶ牡羊座12度の豊かさ

sponsored link

竹内結子さんの太陽サイン(星座)を一度ずつ考えると、

牡羊座11、54度なので牡羊座12度になります。

1980年4月1日正午さいたま市で計算しています。

牡羊座12度は、自然の中に備わる秩序に従います。

人だったら自然体と言えば良いのかも知れません。

そのような姿勢を理想として生きる時に

豊かさを発揮します。

では、なぜ、そのような太陽サイン(星座)を持つ

竹内結子さんが中村獅童さんと結婚したのかという

疑問が生じます。

歌舞伎は、自然なものではなく、ある種の様式美を

備えた文化です。

文化は、人が作り出したものであって言い方を変えれば

人工的だからこそ洗練された美しさがそこにあります。

女性から見れば太陽サイン(星座)は、結婚後の男性を

表す要素もありますから、竹内結子さんの選択に

「?」と思うわけです。

ここでは、太陽サイン(星座)による豊かさを考えているので、

中村獅童さんとの相性を外して竹内結子さんだけのことで

考えると、牡羊座12度の太陽を取り戻すために

中村獅童さんと結婚したとしか思えません。

結婚して離婚することで、自分らしさに目覚める必要が

あったという見方です。

現象的には、中村獅童さんの浮気が原因かも知れませんが、

何らかのトラブルを経験することで絶対に譲れないものが

明確になることは多々あります。

自分らしさは、その反対の状況や困難に出会わないと気が

付き難い問題です。

少し補足すると竹内結子さんの太陽は、生まれ時間に

よっては太陽がアスペクトを作っておらず、他者の影響が

入り易い可能性もあります。

仮に月とアスペクトがあっても、それしかない

ということです。

太陽サイン(星座)牡羊座12度の人は、自分らしさが明確に

なるほど迷わなくなりますし、結果的に全てが上手く回り

始めます。

ただ太陽サイン(星座)牡羊座12度の人の自分らしさとは、

一つの法則みたいなものなので、他人から見たら、

その人自身がそれに縛られているかのように感じられる

かも知れません。

客観的に見ると法則のように感じられるような自分らしさは、

世の中に対するある種のメッセージのようなものであって、

個人的な自分らしさとは、異なるものだからです。

竹内結子さんは、そのようなメッセージを発信するために

俳優として表現活動を続けるのでしょう。

牡羊座的発信なので、伝わる人にだけ届けば良いのです。

2020年9月27日に竹内結子さんが亡くなられました。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!