中居正広さんに学ぶ獅子座26度の豊かさ

1972年8月18日正午神奈川県生まれで計算しています。

中居正広さんの太陽サイン(星座)は、獅子座25,26度で

1度ずつ考えると獅子座26度になります。

獅子座26度の豊かさの実態を一つの面からだけで捉えるのは

難しいかも知れません。

獅子座26度に辿り着く前に、孤独な心を抱えて欲しいものを

追いかけてきているのです。

欲しいものと言っても、財産的なことではなく、それはある種の

心理状態みたいなものであって、それを得るために他人の承認を

求め続けてきたと言っても過言ではありません。

sponsored link

承認を求めると言っても誰かに依存するということではなく

人助けをすることもあれば、邪魔だと感じる相手であれば攻撃する

こともセットになり得るものです。

それは愛と呼べば相応しいのか、憎しみと言えば適切なのか

分からなくなるようなものです。

幼子が大人の気を引く時に甘えたり、怒ったり、自分に振り

むかせようとして誰かを攻撃したり、時には助けたりもするような

そんな孤独です。

本人にはシビアな戦いと感じられるでしょう。

それに疲れた時に今度は何もしない孤独を見付けるのです。

誰かが周囲に居れば、自分の立ち位置を守るべく動いてしまう

自分を休ませるために必要な孤独を求めるのです。

その場所で「しるし」を得ます。

それがどんな内容のものなのかは、同じ太陽サイン(星座)が

獅子座26度の人でも異なります。

sponsored link

その「しるし」には客観性はなく、獅子座26度の本人だけが

悟るように知るものです。

それは、結果的に豊かさを生み出しますが、恩寵と言っても良いものです。

タイトルも太陽サイン(星座)獅子座26度の恩寵とした方が

正確かも知れません。

獅子座26度のその人にとってだけの救いと言って良いものです。

その「しるし」の取り扱いを間違えれば大変なことになります。

それを見付けたばかりの頃は、「しるし」を所持品と同じように

自分の財産みたいに扱おうとしたかも知れません。

やがて、それが間違いだと悟ってその「しるし」を解放します。

獅子座26度の人には、自分の動き出した「しるし」をどこかに

仕舞い込むのではなく、動かすことで実際に豊かになることが

体験されていきます。

仕舞い込んでしまえば、豊かさは去ってしまうのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!