月を育てて快適に暮らす

バースチャートの月がどこに落ち着くのか見てみると

面白いかも知れません。

ある女性は、第5ハウスに月がありました。

趣味に夢中になっている時に生命力がチャージされる月です。

趣味は生活に無くてはならないというものではないので、

実務的な視点から見たら浪費ですが、そこから生命力を補給

するとなる人にとっては生命線です。

sponsored link

身体をきちんと生かさなければ成立しないのが生き物ですから、

暮らしを立てるために浪費を慎むのが正しいのが正論なのですが、

そこに月(生命力、気力)として気持ちの問題が加わってくるのです。

浪費は生活を守るという立場から見れば、大事なお金を

手放すことになりますが、そうすることで気力が充実してくるのです。

そして、この女性の土星は牡牛座の18度にあります。

つまり月がちゃんと機能しない状態が続くと、ある日どこかで

何もかもぶちまけるようなことになるということです。

月がちゃんと機能していれば、培ってきた趣味等を何らかの形で

発表ということになるかも知れません。

ちなみに土星は父親も象徴しますが、女性の父親はかなり

ギャンブルで散財する方だったということです。

sponsored link

土星自体は11ハウスにあるので、交友関係は堅実な様子が

窺えますから、周囲から無条件に受け入れた影響の積み重ねである月は、

浪費を趣味という出口に持っていったのだと思います。

月は飲みこまれてしまっては、良い部分を生かせません。

快適に生活するということは月を見える場所においてお世話する

という言い方も出来ます。

惑星の天体は自分をコントロールして存在していますが、月は

人の身体との接点なのでまるで生き物のようです。

月を一つの大切な生き物としてお世話をするという視点に立てば

快適に暮らす方法が見えてくるはずです。

月は眠りも意味するので、寝ないということは、月に食事を

与えないことと等しいのかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!