月と心の痛みの関係

バースチャートの月は、個人の土台であって閉じられた世界です。

月はあらゆる成長の基盤になるので成長していくので、とても大切です。

土台であるからこそ、他を受け入れません。

他者と交流するのは、他の天体の役割です。

月はどこまでも個人のために働きます。

ここが弱いとどんなに素晴らしい成功を収めても

砂上の楼閣です。

個人は、自分を見失ってギリギリの局面にある時、

最後の砦は身体です。

sponsored link

身体を放棄すれば魂はこの世に留まれませんから、その一歩手前の

心が伝える身体の痛みを、存在の拠り所にするのです。

「愛はある」と伝えたいと思った時に、太陽サインが示すような

その人らしい成功の道標も大切ですが、月が脆弱だったら、

精神、肉体の健康すら安定しません。

発展性のない眠りの中で与えられた物語を自動的に

繰り返し続ける月が全ての天体の最終的な受け皿になって

個人に様々なものが伝達されていきます。

願いが叶えば幸せになれるとか、好きな人と結ばれれば、

望んだ仕事に就ければ、様々な幸せ、成功の条件を描いて人は

努力を重ねますが、そういう人ほど月を忘れがちです。

月という身体を忘れて病気になったり、夢を叶えて失ったりします。

太陽の黄道を走る魂が、ある地上の一点をめがけて飛び込んで

肉体を得ます。

sponsored link

身体はこの世に存在するギリギリの砦ですから、苦しくなると

過食等、様々な飲食物、その他の接種物を身体に取り入れたり、

身体そのものに力を加えることで得られる刺激で、存在を

明確にしようとします。

その是非はここでは問いません。

冒頭に話は戻りますが、月は土台であるからこそ他を受け入れない

性質があります。

他を受け入れないということはその人だけの世界なのです。

伝えたいことは、そのギリギリの痛みは、当事者にとっては

本当であるということです。

嘘でも幻でもありません。

ただ他を受け入れない限定的性質なので、その痛みを月レベルのまま

伝えることは出来ません。

月の言葉にならない叫びは、まず水星の力を借りなくてはなりません。

傷みが裏側にあるからこそ、美しさ(金星)、夢(太陽)があって

そして社会に持ち込む段階では、火星、木星、土星と繋がっていきます。

月が痛みを感じるなら、そこに本当のスタートがあるということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!