清水富美加さんの真意を考える

今回、清水富美加さんは自身の手書きで胸中を発表しています。

真意は、本人しか分かりませんが、そのような部分と繋がりの

ある水星は、太陽とコンジャクションを形成しています。

これは太陽サイン、意思、使命、理想みたいなもののために

知性が発揮されるアスペクトです。

水星は無色透明な感じで、太陽の影響を受けて色が付くので、

射手座10度の知性が強力に発揮されます。

sponsored link

同じ体験をしても、どう感じるか、解釈するかは人それぞれですが、

射手座10度は、かなり宗教色が強い度数で自分自身の精神的な体験に

宗教的色彩を与えるのです。

芸能活動自体を貴重な体験(宗教的発露)として捉えるのか、太陽期に

射手座10度の示すような体験をするのかというと、両方だと思います。

清水富美加さんの内面の中では、連続性のあることなので、最終的に

因果関係として統合されて語られるのだと思います。

清水富美加さんの水星は火星とスクエアを作っていて、良かれ悪しかれ

計算して行動するよりも勢いに任せてしまいます。

スクエアは彼方立てれば此方が立たぬといった性質があって、普段は

この火星は隠れていたのでしょう。

恋愛関係において意外な一面を見せてしまうのもスクエアです。

どっちかを見せると、もう一つは隠れてしまうのです。

清水富美加さんの水星は冥王星とコンジャクションであり、これは

人の考え、思想を変えようとする作用です。

sponsored link

木星冥王星は、更にタイトにコンジャクションです。

自分がボスになりたいというか、自分の中の善意に絶対の自信を持って

しまいます。

他にも色々ありますが、清水富美加さんが求めるものと、芸能プロダクションが

与えられるものをAとします。

そしてもう一つは、清水富美加さんが求めるものと、宗教が与えるものを

Bとします。

AとBを比べたら、Bが素晴らしいと思えるというのが真意ではないでしょうか。

太陽水星木星冥王星この並びはかなりの上昇志向を示します。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!