心を楽にする月の器

自分の感じ方を誰かに理解して欲しいと思うことは、

残念ながら難しいかも知れません。

自分にとって大切な相手だと思うからこそ、

分かって欲しいと願う心情は理解出来るのですが、

そもそも求めている相手が同じ視線で物事を

見ているのであれば、あなたがそんなに悩むことも

苦しむこともありません。

難しいのは、親子で、特に母と娘です。

理解し合うのは、難しいのに、情緒面は

頭で考えるよりも、はるかに繋がっています。

無視出来ないからこそ苦しいのです。

一つの月を分け合うように繋がっている母と子供は、

特にその娘は情緒的に切り離して存在することは

無理です。

sponsored link

理解したり、されるということは、かなりの能力に

落差がないと難しいです。

では、苦しい時に自分の月をどうやって育てていけば

良いのか。

少なくともどうしたら気持ちが楽になれるのか。

月は小さ過ぎて自分の太陽サインすら、その全てを

一度に受け止めることは出来ません。

ましてや他の天体と月がハードアスペクトを

形成していたら、より葛藤は大きくなります。

特に母と娘の関係が苦しくなるのは、同性であるが故に

娘を自分の延長、若しくは鏡のように扱うからです。

sponsored link

その鏡に映そうとする姿は、実際の母親ではありません。

往々にして内奥に潜む生への憎しみや恨み、

その反動が描く理想であったりするものです。

相手が子供だからこそ遠慮なく真実を映し出します。

比喩として鏡と表現していますが、ゴミ箱と言っても

同じことです。

しかし、子供の月は鏡でもゴミ箱でもありません。

魂と肉体を繋ぐ接点です。

太陽の理想を受け止める器です。

自分の可能性を開く最初の扉です。

人間関係ならば父親を受け止める母親であり、

夫を受け止める妻です。

妻の気持ちは夫の理想の動機です。

その理想に流れ入るエネルギーです。

そんな大切な月を楽にしてあげるには、自分の月を

見えるようにしてあげることです。

月のサインやその度数によって適切な月の器は

異なりますが、そこに自分の気持ちを自由に注ぎ込んで、

見て、触って、自分を確かめれば、

自分が自分の理解者になることが出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!