太陽と水星のコンジャクションと自閉症

幼少の頃、自閉症と診断された方がいました。

知能テストの数値は平均よりも高く、その後は

問題なく進学、就職し一度も転職することなく

20数年お勤めになっています。

バースチャートを確認すると、太陽サインは

牡牛座です。

しかも初期の度数なので、本能的に感覚的世界に

埋没することで自分を目覚めさせようとします。

このプロセスを自閉症と診断された可能性があります。

これを幼児さんがすると、本能的行動に終始します。

言葉が遅れることも珍しくないはずです。

実際にこの方も知能は高いのに小学校に入学するまで

まともに話さなかったそうです。

加えて言えば、太陽と水星がコンジャクションです。

これは知性が興味のある方向にしか働き難いので

余計に問題視されます。

自分の感覚を目覚めさせようとして気持ちを

凝縮しているところに知性も寄り添って

しまうのです。

発達に偏りが生まれ易くなります。

俗に言う頭の良さは、コンピューター的に

感情的なものを抜いた知性の働きほど称賛されます。

高い偏差値を取り易い知性が評価されるのです。

幼児さんだったから問題行動が自閉症と表現

されたようですが、水星の働きが本人の資質に

引っ張られ過ぎると日本では問題視されることが

多々あります。

しかし技芸に秀でた方は、意外とこのアスペクトは

多い傾向があります。

若い方では家入レオさんも太陽と水星が

コンジャクションです。

しかもサビアン度数は両方とも射手座21度です。

大人の言うことを聞かなかったとご本人が語って

いらっしゃいますが、やりたいことが明確な子供は

それを邪魔するものに怒りや葛藤を感じるのは

当然です。

自分自身が設定した目標に対して妥協出来ない

理想と知性のままに突っ走るしか選択肢がないような

心持になることは間違いありません。

それを周囲の大人がどう評価するかは、余程の理解者

でなければ難しいところです。

コンジャクション自体が自閉的な側面がありますが、

知性のほとんどが自分自身の興味関心に向いてしまう

意味では、太陽と水星のコンジャクションは問題視

され易いかも知れません。

親御さんからすれば、普通に評価される子供の成長は

安心出来ますが、仮に自分の子供が天才だとしても

他の子供と違っていたら不安になります。

病名を付ける前に個性かも知れないという見方を

探ってみるのも一つの可能性です。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!