スクエアの生かし方

sponsored link

仕事運を考える時に、若い方ほど自分の能力

の高さを気にされる傾向があります。

月、水星、金星、太陽までの天体のサイン度数、

アスペクト等々を確認すれば何となく

分かるかも知れませんが、能力をどう生かして

いくのかという視点も同じくらい大切です。

能力の馬力だけが大きくても、舗装された道を

走らずに泥沼に飛び込めば思うように進むのは

難しくなります。

そのような適切な判断を含めたトータルな資質を

自覚的に運用しようとする時に中心になって

働くのは太陽になります。

この太陽と仕事の現場で運用する時に働く

火星、木星、土星等とスクエアになると、

何かしらのポイントで切り替えが起こるので

粘れないタイプになり易くなります。

それは一方が働く時にもう一つが閉じるから

なのですが、本人的には諦めたり放棄したり

することになります。

しかし、どちらも同じ人間の資質なので、

それぞれの性質が無くなるわけではありません。

それぞれの働きが断続的であっても、

繰り返し取り組む可能性を捨て去てずに、

保留する気持ちが大切です。

一度、完全に消滅させてしまえば、現実的に

復活させることは困難になります。

否定的な関係性であっても、自分自身である以上、

切って捨ててしまうわけにはいかないのです。

sponsored link

サインの性質によってスクエアの組合せの難しさ、

取り扱いも異なりますが、自分の意識の中の問題

ですから、それぞれを違う意識の引き出しに

入れて必要な時にその引き出しを開けて、

取り組むために収納しておくのです。

現実的には、それぞれのサインの度数の資質に

対応する自分の具体的な行動を実行可能な時期が

来るたびに重ね塗りしていく感じです。

スクエアですから、それぞれの価値から見たら、

相反する無駄なものに思えても捨てるような形で

自分を統合しようとすれば、それこそ余計な

エネルギーを毎回使うことになります。

矛盾した資質は分裂を引き起こし、何かと

合理的でない衝動を生み出しますが、それぞれが

自分ですから、否定すれば本当に無駄を生みます。

異なる価値の両立は面倒ですが、その落差が作る

ダイナミズムもあるはずです。

スムーズに切り替えるコツは、自分への愛です。

愛が少ないとどちらかを切って捨ててしまたく

なりますが、それは虐待と一緒です。

スクエアを生かすコツはそれぞれを愛で

繋ぐことです。

それは自分を好きになってあげることと同じです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!