結婚の相性を簡単に確かめる方法

sponsored link

感受点(10天体、ASC,MC等)を具体的な行動に

振り分けて現実の生活を総合的に豊かにしたり、

幸せな状態に調整することを

「バースチャートの生かし方」で、提案しましたが、

細かく考えるのが面倒な場合に、より簡単に自分の

全体像を知る方法があります。

パートナーの太陽や月のサインとハウスを

見るのです。

これは、結婚の相性を考える時にも使える

考え方です。

女性であれば男性パートナーの月のサインの

度数とハウスを考えて、そのイメージが

自分にしっくりくれば、何かしら内心と

良い印象で呼応するものがあれば、実際に

生活を共にする価値があると言えます。

それは好みと違う場合もありますが、

実際に暮らすと同じ世界にいることが

次第に分かってくるような関係性です。

今、その人と一緒にいるということは、

少なくとも全体像がそのようなイメージに

引っ張られていることになります。

相性は生き物なので、動きます。

sponsored link

ただそれが本来のあなたらしさから乖離するほど、

別れは早くやってきます。

簡単な方法ですが、これは意外に使えるもので、

感受点を4元素、3区分、2要素に分けたり、

ASCの性質と多くの天体が入っているハウスとの

バランスを考えたりして全体をつかみ難い場合にも

全体から俯瞰するような感じになって非常に

便利です。

チャートは一か所だけピックアップして、

強調すると間違った方向に意識を持って行き易いので、

簡単に全体を意識することはとても大切だと

思っています。

割り切った恋愛のように、今だけ楽しければ

良いのなら、それで良いかも知れませんが、

ある程度年齢を重ねていくと、自分にとって

大切な価値は、人それぞれであることが

分かってきます。

いつまでも恋愛が大切という人はもうそれは

人生レベルの価値ですし、だからこそ、

そういう人は、そんなに多くありません。

一緒に生きる価値は、言葉にし難いもので、

簡単に言えば愛と表現するしかありません。

その価値が二人を結ぶ力ならば愛と名付けて

良いのだと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!