星野源さんに学ぶ水瓶座と蠍座のスクエアへのアプローチ

sponsored link

星野源さんの演じるおげんさんには、水瓶座と

蠍座のスクエアの葛藤を克服する一つの

アプローチが示されています。

スクエアは、相反する元素が入れ替わるように

顔を出すので、自分の中でなかなか折り合いが

つかない苦しみがあります。

どちらかを肯定すれば、どちらかを否定してしまう

ことになり、自分の両面を自覚するまでは、

現実的にもトラブルとして経験され易いものです。

しかもスクエアの中でも水瓶座と蠍座のスクエアは

固定宮同士で、お互い一歩も譲りません。

性質の相反する元素を結ぶには、

理解や共感の伴った、ある程度、経験に

裏打ちされた愛が必要になります。

スクエアも天体やサインの様々な組み合わせが

ありますが、今回は、星野源さんを通して

解決方法を学んでみます。

星野源さんの演じるおげんさんは、

自身の人生の目標を追いかける太陽サインと

一緒にいるために蠍座の月が化けた姿とも言えます。

ここに重要なヒントがあります。

sponsored link

例えば、水瓶座の男性を好きになった蠍座の女性が

一緒にいたくて、蠍座の恋人に執着したい気持ちを

水瓶座にうけそうな面白いことを笑いで

包んでしまうのです。

蠍座は、真剣になるほど気持ちは重くなり

下へ下へと沈んでいき、地下や深海にまで

いってしまいます。

そのような自分を水瓶座と一緒にいるために、

笑いという宇宙服、潜水服を着て

そばにいるという言い方も出来ます。

一人の人間の中にある相反する資質を

矛盾なく両立させられるスタイルを

自分の能力を資材にして

作っていくということです。

火星に蠍座であれば、スポーツに託しても

良いかもしれませんし、

もっとダイレクトに対象に入り込む行動を

水瓶座が受け入れ易いスタイルに

するのも良いかも知れません。

スクエアは、どちらかの元素を選択すれば

良いというものではありませんし、

スクエアの葛藤を克服するということは、

異なる元素が一緒に居ることが出来るスタイルを

模索し、育てていくことに他なりません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!