清水依与吏さんの歌詞の魅力

sponsored link

清水依与吏さんの金星は蟹座です。

金星蟹座は、同じ気持ちを感じる家族的な

仲間とどこまでも心が通い合うことを求めます。

自分だけでは、気持ちが成り立たない不安定さが

あるとも言えます。

プラスに働いてもマイナスに表れても

活動サインなので、じっとしていることはありません。

自分の分身のような仲間を求めて声をかけ続けます。

そして、ある一定の仲間が出来るどこまでも

一緒にいたくなり常に何かしら面倒を見たがるのです。

清水依与吏さんは、この金星に天秤座の冥王星と

スクエアを形成します。

天秤座は蟹座の一緒にいたいという気持ちを

拒否するような働きをします。

天秤座はそれぞれの個性から学ぶサインなので、

それらの違いから学んでいるだけなのですが、

その姿勢が蟹座を傷付けるのです。

清水依与吏さんのどこまでも一緒にいたい

という気持ちの増殖をところどころで

切断するような形になってしまうのです。

これは恋愛に関する清水依与吏さんの気持ちを

強烈に不安にします。

ちょっとしたことで嫌われそうで心配に

なってしまうのです。

占星術的には、この不安を歌詞にしている

と言えると思います。

不安なだけならば、暗くなってしまいますが、

清水依与吏さんの金星は太陽とコンジャクションなので、

人を惹き付ける魅力的な雰囲気を作り出しますから、

不安な気持ちに花を添えるような感じになります。

そして、どんなに止められても活動サインである

蟹座の気持ちは増え続けるので、どんなに

冥王星天秤座に切断されても、その度に

区切られた蟹座の気持ちが増え続けるのです。

これが切ない恋心の曲を沢山作れる理由です。

sponsored link

清水依与吏さんの金星蟹座の度数は、

目一杯の気持ちを何度でも超えていこうとするので

冥王星天秤座の妨げで立ち止まったりしません。

金星の喜びを冥王星に強制的に切られる痛みや

苦しさに負けずに作品にしていくことは

清水依与吏さんの愛です。

痛みに負けて流されそうになることに抗うために

作品にしているという言い方も出来ます。

感情の起伏の激しい清水依与吏さんは、

30代は悩みが多いかも知れませんが、

それを超えれば立ち止まることはないはずです。

全く矛盾のないチャートは、ほとんどありません。

そこを努力で乗り越えていく過程で愛が生まれます。

ですから自分の弱さに負けると愛は消えて

なくなったように感じられるのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!