前世と天秤座の月と冥王星のコンジャンクション

sponsored link

天秤座は、他人の影響が侵入し易いサインで、

無防備ともいえる要素があります。

言うまでもなく、月は幼少期を表しますが、

冥王星とコンジャンクションすることで、

影響を受ける他人の中に霊的なものも含む

可能性があります。

天秤座の月と冥王星のコンジャンクションの

人の例ですが、幼少期より夜泣きが激しく、

現在も不眠を抱えています。

幾つかの悩みを抱えている方なのですが、

一通りバースチャートを見た後で、ふと、

この人の前世は、兵隊ではないかと思ったのです。

しかも、戦時下とはいえ、誰かに拷問とかを加えた

イメージが瞬間的に浮かびました。

現在、その方が人生に展開している様子と

チャートを比べると、根本的に改善するよりも、

いかにソフトランディングするかが

大事なように思えました。

今世は、ある限定された意識の経験をすることが

目的のように思えたのです。

そして、その原因が、お話を伺う限りは、

今世だけでないように感じられました。

そのようなことは、本人には一切言いませんが、

その方の身内が本人の幼少期の不眠について、

最近、メールで知らされたそうなのですが、

幼少期にずっと空襲の夢を見ていたそうです。

幼少期の夢の全てを覚えているわけでは

ないでしょうが、何やら戦争絡みの夢だったようで、

それが怖くて泣いていたようなのです。

前世の問題は、途中で死を挟むので、

客観的な検証は不可能ですから、

これ以上は言及しませんが、

何とも言えない気分になりました。

ちなみに、その方の第1ハウスには、

土星があり、これは出生に伴う困難を表します。

sponsored link
error: Content is protected !!