片岡鶴太郎さんに学ぶ射手座29度

片岡鶴太郎さんを全体的に観ると、狂おしいほどの

好奇心、そしてその背景にある知識に対する欲求の

強さが窺えます。

それらを、自分のペースでひたすらに追いかけていくのです。

しかも、アンテナを向けた対象と一体化するような

知識の在り方を求めるので、単なる物知りではなく

自分自身が求める対象になり切ってしまいます。

sponsored link

お若い時に物真似をよくされていましたが、

片岡鶴太郎さんの中では、ボクサーになった時や

今のヨガの姿になり切っていく過程と、心の中では

全く同じだったのでしょう。

俳優として活躍される背景も、役になり切ろうとする

月サイン蠍座の一体感があるのだと思います。

片岡鶴太郎さんの太陽サインは、射手座29度です。

もう山羊座に入るための射手座ですから、心の中は

純粋な射手座的な好奇心を整理していこうとする段階です。

山羊座的現実性に落ち着くために、自分を整えて

いこうとするのです。

sponsored link

それでもその手段は、山羊座のようなビジネスにはならずに

演劇であったり、世界チャンピオンを目指すプロボクサー

というよりも、本気のボクシング経験を積むといった

ニュアンスであったり、ある意味で厭世的なやり方である

ヨガであったりします。

しかし、これは悪いことではなく、山羊座そのものから見れば

まだ射手座的なロマンが、沢山、残っている状態なのです。

射手の精神的なものを必死でまとめる努力をしているのです。

集団の中の一つとして自分を抑圧するには、精神が豊か過ぎて

どうにもならないといった様子になります。

しかし、これは、現実的な個人として考えれば深刻な感情を

経験するかも知れませんが、少し自分を客観視すると

これで良いのだと思える度数です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!