小池百合子さんと排除発言

希望の党代表の小池百合子さんですが、

都知事選の時とは、何やら雰囲気が

変わって来ました。

小池百合子さんは、相当に運の良い方ですが、

幾つかの条件がバランスをとって

幸運をキープしています。

その一つのお話です。

差別と区別は違いますが、

小池百合子さんは、差別的になると

内に秘めた情熱が空回りし出します。

エンジンは回っているのに自動車が

動かない状態です。

そうならないように、本来の小池百合子さんは、

どちらかというと、人を切り捨てるのが苦手です。

sponsored link

しかし、今回は、準備期間が足り無かったことが

原因と思うのですが、小池百合子さんの

意図する部分を丁寧に行えなかったと思うのです。

小池百合子さんは、水星と冥王星の

コンジャクションを持っていますが、

これは冥王星の強制力を持って、相手の

考え方を変えさせることを望むアスペクトです。

相当な武器になり得ますが、丁寧に行わないと

非常に印象が悪くなります。

水星のサビアン度数が生まれ時間によって

獅子座19度から20度の幅がありますが、

20度であれば、本来は、環境に影響されずに

自分自身の力で、活力をコントロール出来る

獅子座です。

だからこそ、獅子座的活力がきちんと

燃え上がって来るまで、焦ってはならないのです。

力の過信というよりも、突然のタイミングに対して

時間が足り無かった、つまり、今回は

自分のタイミングで動けなかった側面が

あるということかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!