枝野幸男さんの逆境パワー

ツイッターのフォロワー数を伸ばしている

立憲民主党の党首である枝野幸男さんですが、

太陽とのスクエアが幾つかあったりして

なかなか主体的な判断が出来ない部分があります。

ところが、今回民進党が解体され、更に

合流先だった希望の党の受け入れ拒否が重なり、

もう開き直るしかないような状況に追い込まれて

スクエアパワーに火が付いた感じです。

sponsored link

スクエアが爆発的に力を出すには、自力では

出せない面を状況的に切羽詰まって、出した方が

器用にキャラクターを出し入れ出来るタイプよりも

勢いが生まれます。

そして海王星とオポジションの火星、木星から

窺えるように、木星期までは、理想を求めすぎる

気持ちが働き気味だった様相から、土星期に

入ることで、それまでよりも

現実的になっていきます。

そしてリベラルを信じる枝野幸男さんにとって

トランシットの土星が2020年の3月下旬には

水瓶座に入ってくる頃と、枝野幸男さんが

土星期に入る頃とタイミング的に

重なって来るのです。

まだ2年間ほど耐える時期が必要ですが、

支配的な土星山羊座が通り過ぎる頃には、

チャンスが巡って来るかも知れません。

そう言った意味でも、今回の衆院選で足掛かりを

つかんでおく必要があります。

心配なのは、補佐的なキャラクターが強くて

逆境でない場合であっても、主体的な言動をどこまで

発揮出来るかというところです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!