無限力を引き出すのに月が必要な理由

第12ハウスに眠る様々なエネルギーや資質を

無限力と呼びます。

第12ハウスに占星術的アクセスをするならば、

アプローチ方法は、他のハウスと

大差はないのですが、普段使われていない

第12ハウスに蓄積されている力を

有効利用して、現状を打開しようとするならば

自分の意思を持たなくてはなりません。

これは完全な自由意思です。

自分にとって善いものでも、悪いものでの

取り出せます。

sponsored link

この自分の意思を形成しているのが

精神と肉体です。

心が精神を向くとかなり理性的に働きますし

心が身体に向くと体と繋がった重い感情、

普通にしていたら無視することが難しい

身体の都合から影響される感情です。

どちらも大切なものですが、

心は精神的部分からくる感情も、

身体からの影響で味わう感情も

いちいち分けて考えません。

一つの気分として受けとめます。

ですから、第12ハウスのエネルギーを

引き出す場合、第12ハウスに月がなくても

無視出来ません。

sponsored link

心の感じ方は、同一人物であっても

その時々で、太陽と月の働く割合は変化します。

分かり易い例えは、肉体関係のある恋愛です。

体と繋がった心を無視したらナンセンスです。

お互いに精神と肉体を求める割合は

常に変化して心で感じられます。

そのような変化は第12ハウスも同じです。

機械のように常に同じ状態で

働いているわけではありません。

そして第12ハウスにアクセスする時に

身体を持ち込めば、ある種の拘束された状態に

なりますから、肉体としての心の側からは

月が大切なのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!