さかなクンに学ぶ水星の重要性

さかなクンの水星は、サビアン度数

獅子座19度です。

これは、自分の好みを貫くことに知性を

使う度数です。

貫くというのは、自分の知性を前面に

押し出してくるということです。

さかなクンは、どんなに出世しても

あの帽子はかぶり続けますが、

獅子座19度の前面に出すという意味は

さかなクンのように、本当にそのままを

姿形に表すのです。

sponsored link

そのために、どうしたら良いのか、

自分に何が出来るのかという、

知性の使い方になります。

知性のビジュアル化という側面もあれば、

獅子座なので、主観的な想像

(簡単に言うと妄想)も発揮されます。

それが、どれだけさかなクンを盛り上げているかは

図り知れませんし、さかなクンが単に受身で、

「魚って可愛いな、好きだな」と眺めているだけなら

今のさかなクンはあり得ないはずです。

果てしなく楽しみ続けるには、水星の能動性は

とても大切なのです。

sponsored link

第12ハウスに眠る力の活用やトランスサタニアンと

呼ばれる、天王星、海王星、冥王星を

活用して状況を変えるように頑張ることも

大切ですが、そこは最後の頑張り部分に

取って置くような力の使い方であって、

普段は長距離走を走るような頑張り方をしないと

人生を完走するのは難しくなります。

意識して使える火星ですら、ターボエンジン

みたいなものなので、24時間は使えないのです。

毎日が楽しめずに苦痛に満ちていたら、

鬱っぽくなり、やがて生きることが嫌に

なっても仕方がありません。

享楽的に怠惰に生きるということではなく、

自分なりの手応えを感じながら、

楽しく生きることはとても重要です。

「楽しい」という感覚をいかに作るか

とても大切なのです。

そのためには、水星をきちんと発揮

出来なくてはなりません。

楽しみは、能動的な部分と受動的な要素が

バランスよく働いて健全になります。

楽しいと感じられる受け身の部分は

理解し易いですが、見落とされ易いのは

能動的な部分である水星です。

ここを意識して取り組むことで、大幅に

楽しみは増えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!