福山雅治さんに学ぶ純粋性の扱い方、水星水瓶座2度

sponsored link

福山雅治さんの水星は、サビアン度数

水瓶座2度です。

この度数の知性は、非常に扱い難くて、

生かせるかどうかは、環境次第です。

普通のサラリーマン、組織の人間になるのは、

かなり大変です。

サビアン度数水瓶座2度は、まだ山羊座の影響を

払拭する段階であって、山羊座が示すような

ローカルな社会的価値を、基本的に

受け入れることが出来ません。

ただ否定するだけです。

そういった意味では、福山雅治さんも

普通に勤めていたら、この水星は、

組織や現実の習慣に対してナチュラルに

反抗的に働きます。

使いこなすことが難しい知性ですが、

簡単と言えば非常に簡単で、

自分の理想に全力で邁進すれば良いのです。

その上で、成功するかどうかは、才能次第なので

やはり簡単ではないかも知れません。

sponsored link

サビアン水瓶座2度の理想は、山羊座という完成を

自動的に拒否するので、終わりがない、結論が

出ないような理想が好ましいです。

完成することは、知性の停止を意味します。

自分の理想以外は、本質的に受け入れられない

水星水瓶座2度の福山雅治さんが

俳優業に踏み込めたのは、尊敬するミュージシャンも

出演するからという理由でした。

サビアン度数水瓶座2度の知性は、その人がどのような

理想を描くかで、その後の人生が相当に異なるので、

福山雅治さんが自身の理想を追い求めて活動を

続けてきた姿勢を学ぶことが大切です。

どのようなサインでも初期の度数は、

そのサインらしくなるために、純粋過ぎるので

知性の方向性は、人格、境遇等、全体の影響が

大きく作用します。

純粋性の取り扱いは、劇薬と同じで、天才か

そうでないのかといったような扱いの

難しさがあります。

純粋性へのこだわりは、周囲も傷付けますが

同様に自分自身も損ないます。

大切なことは、自分の理想を絶対に

放棄しないことです。

その上で健全に生かせる道を探していくことが

生かすための必須条件です。

そうすれば破壊から新しい何かが生まれます。

進むことを止めると破壊するものがなくなり

ただ否定するだけの暗い知性になってしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!