佐藤栞里さんに学ぶ金星蟹座9度の魅力

sponsored link

金星蟹座は、家族や仲間等の愛する人を

守り育てることを好みます。

活動サインなので、身内を愛することに対して

新鮮な感情を持ち続けることが出来ます。

守り育てるといったアプローチなので、

幸せを感じられる相手は、子供やか弱い相手に

なりがちですが、対抗するサインは山羊座なので、

自分の所属する集団を愛することも

喜びになり得ます。

何らかの形で、守り育てるという価値が

反映されることが必要です。

そのような金星蟹座にとって、愛すべき

対象となる相手がいないことは非常に辛いことです。

人でも植物でも良いので、何かしら守り育てる

対象が必要です。

金星蟹座は、獅子座の前なので、愛する対象も

大袈裟なものではなく、庶民的で家族のように

日常性が大切になります。

そのような金星蟹座ですが、やはり度数によって

その中身はかなり異なります。

佐藤栞里さんは、太陽サイン獅子座で、

金星蟹座は、サビアン度数9度です。

この度数は、とても蟹座らしいもので、直感的に

相手の立場をくみ取って、理解しようとします。

その分、繊細で傷つき易くなるのですが、

蟹座9度の段階では、活動サインの蟹座らしい

行動力はなくなりません。

蟹座なので、自分と何らかの関わりがあることが

前提ですが、積極的に相手に同化することで、

理解を深めていこうとします。

同化して共感するのは、蟹座らしい性質ですが、

水サイン以外の人には、押し付けがましく

感じられるかも知れません。

しかし、これは蟹座にとっては、とても大切な

資質であり、庶民的で共感能力の高い資質が

芽吹いた時期の蟹座9度を金星に持つ佐藤栞里さんが、

「笑ってコラえて」の「朝までハシゴの旅」で

ブレイクしたのは、当然かも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!