小泉今日子さんの明るさを支えるもの

「監獄のお姫さま」を主演している

小泉今日子さんの魅力は、何と言っても、

元気がもらえそうな明るい雰囲気ですが、

明るさも様々なものがあります。

第1ハウスが水瓶座なので、しつこくない

さっぱりとした明るさです。

この明るさは、第1ハウスから反映されたものなので

簡単にぶれたりしないというか、体調不良でも

ない限り、明るさの質を変えることはありません。

sponsored link

ところが、小泉今日子さんは、

木星と海王星のインコンジャクトがあって、

盛り上がろうとする第5ハウスの木星に対して

第9ハウスの海王星の調整が入ります。

この木星には、第4ハウス的な要素も影響しますが

ここでは割愛します。

この海王星は、様々な想像力が働きますが、

蠍座なので、かなりマニアックな形で関わる対象を

変えようとします。

その対象となる木星は、双子座です。

そうなると、木星の作り出す明るさは、

木星双子座と海王星蠍座が調整する過程で

様々な視点が形成されて、もっと多面的に

なっても良いはずです。

実際に、小泉今日子さんは、色々な表情を

発表しています。

sponsored link

アイドル時代だったら絶対にあり得ない

喫煙やすっぴん等々です。

双子座の木星と蠍座の海王星の組み合わせなので、

それでも、まだまだ奥深くしまわれた

小泉今日子さんがいるはずなのですが、

あまりぶれたくない第1ハウスの水瓶座と

蟹座の月に引き寄せられて、さっぱりとしつつも、

親しみのある明るさというところに

木星と海王星のインコンジャクトの調整が

収斂されているのかも知れません。

双子座と蠍座のインコンジャクトは、重要なものは

隠してしまいますが、実はその隠された部分が

大きいからこそ、小泉今日子さんは、

今でも魅力的なのかも知れません。

その隠された部分は、小泉今日子さん自身が欲する

救いのような理想である可能性があります。

そのようなものを求めて、もっと様々な役や

活動をされるかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!