肯定され難い感情を健全化する方法

死にたいと思う人たちの中には、肉体を

消滅させたいのではなく、黄昏時のような

気分が好きという人たちがいます。

どんな気分が好きかは、人それぞれですが、

肯定され易い感情とそうでないものがあります。

そして忘れてはならないのは、人は気持ちを

分かち合いたいのです。

sponsored link

公然と活躍されているミュージシャンの

好みであっても、誰々が好きと言い難い

場合もあります。

音楽だけではありません。

本、漫画、映画、食べ物でも、好きな物を

打ち明けることは難しいことです。

本当に好きなことは、隠し通す場合だってあります。

ましてやマイナス感情が色濃く反映された好みは

更に他人と分かち合うことが難しくなります。

それでも、人は、誰かと分かち合いたい

ものなのです。

大切なことは、そういう心情に対して

自覚的であることです。

なぜなら、無自覚であればコントロール

出来ない局面に遭遇し易くなります。

場合によっては、無自覚な欲望を、悪意ある人が

狙っている場合もあります。

誰だって収入を増やしたいと思うでしょう。

しかし、自分のそのような気持ちに上の空で

いると詐欺に合い易くなります。

結婚したいという気持が上滑りし出すと

無理に自分と合わない人と付き合ったり

騙されたりします。

人には様々な好みや願いがあって当然で、

素直になれば、それを分かち合いたいのも、

当たり前なのです。

では、表立って言い難い好みはどうすればいいのか、

sponsored link

占星術的には、第12ハウスに向かって

思い切りフルスイングすることです。

表現の意味を説明します。

表立って表現し難いことは、無自覚であるほど

第12ハウスにありますから、実感し難い

願いに対して強い気持ちを持って振り抜くのです。

あなたという実態は、第12ハウスという闇の

中にいます。

人のほとんどは無意識ですから、自覚した

様々な感情を恐れる必要はありません。

穏やかな感情でも、強い感情でも、

全力を込めるのです。

突き抜けなくては、触れません。

突き抜けるために全力を出すのです。

何かを触るような手応えがあれば、自分の中に

持ち帰ることが出来ます。

肯定的ではない好み程、迂闊に実行すれば

大変なことになります。

元一流の陸上選手が、万引きの常習者に

なってしまったケースがあります。

占星術的に言えば、第12ハウスの使い方を

知らないばかりに、体全部、自分という存在の

全部が第12ハウスに入ってしまって

出られなくなっているのです。

どんな人のバースチャートにも第12ハウスは

ありますが、あまり見向きされないハウスです。

しかし、ここには、無限の豊かさや普通では

癒せないものを立て直す力が眠っています。

使い方次第なのです。

無自覚に吸い込まれると閉じ込められて

出られなくなってしまいます。

意思を持って入り、第1ハウスに突き抜けて

いかなければなりません。

そうすることで初めて、扱い難い好みが健全な形で

新しい資質に加わります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!