傷付いた月を癒す仕組み

願い事を叶えようとする時に、月のイメージする力が

必要になります。

地球は、物質を土台にしているので、思っただけでは

物事は叶いませんが、イメージするところまでは、

霊的な環境にある時と同じです。

月は、地上的な意味でのイメージを得るのです。

この力が働かないと、ちゃんと自分の願いとして

感じられません。

全てが他人事になってしまいます。

感じられなければ、やがて見失って

生きる意味を喪失してしまうのです。

傷付いた月は、自我を弱くした方が救われます。

sponsored link

傷付いた月が、自分を強く主張すると

神様がいるのに、何故、戦争や虐待が

なくならないの?といったような、世の中の矛盾に

いちいち引っかかってしまい、自分の幸福に

進めなくなるのです。

どんな人でも幸福になる形は携えて生まれて

来ますが、傷にこだわると、それが生かせません。

具体的にどうやって傷に拘らないで、

前に進むのかは、ケースバイケースで、

ここに書き切れるようなものではありませんが、

自我を緩める時間を設けることは有効です。

傷付いた月は、傷を燃やすことでしか、本気に

なれませんから、自分に執着しない心的態度自体が

自己矛盾を引き起こしますが、

自我を緩くしてあげないと悪循環は経ち切れず、

長所も生きて来ないのです。

ですから時間限定で、自我を緩めてあげるのです。

それは、傷付いた自分と見守る自分が同時に

発生する時間でもあります。

本当は、誰かが見守ってくれたら良いのですが、

それが月の年齢域(0歳から7歳)に無かったから

月が傷付いているのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!