安心したい時に確認したい月の姿

自分自身の姿を知るには、鏡が必要です。

鏡の類も様々な種類があるので、色んな物に

自分を映して見ないことには、詳細には

分かりません。

もっと言えば、他人の容姿との相対的な

比較という問題もあります。

月も同じです。

sponsored link

月だけを考えても見えないことがあります。

特に月は、太陽抜きでは、語れない要素が

幾つかあります。

両親の影響もその一つに入りますが、個人的にも

どれくらい元気な月なのか、どんな心的態度なのかは

太陽との関わりの中で生まれるものです。

通常の天体間のアスペクトとは異なり、

日々の朔望月の変化が意味することを、

自分のバースチャートの月に当てはめて

考えてみて下さい。

ハウスは天体のいる部屋みたいなものであって

性質はサインです。

サビアン度数も性質です。

個別の精神的な態度、気分みたいなものは、

また別です。

sponsored link

12ハウスの月でも元気な月はあります。

それは、12ハウスの中で、元気にやっているという

ニュアンスになりますが、占星術に尋ねてみたい時は

何かしら励ましや解決が欲しかったりする場合

だったりするので、自分がどんなタイプであっても

鏡を得ることは、安心の第一歩になります。

第1ハウスの月でも、あれって場合もあります。

それは、誕生時期の両親の愛やコンディションとも

関わって来る部分でもありますが、意味もなく

引き継ぐ自分の気分でもあります。

とりあえず安心を感じたいときに、与えられた

愛の印象を観ることも、少し足しになるかも

知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!