占星術的に考える香取慎吾さんの愛

香取慎吾さんがファンに向けてくれている

愛について占星術的に考えてみました。

香取慎吾さんが周囲から期待されている

こととの、関わりから見えるものが

ヒントになります。

sponsored link

香取慎吾さんは、アンチバーテックスが

牡牛座9,5度です。

アンチバーテックスは、周囲から期待

されることで、そう振る舞うように

求められる圧力です。

香取慎吾さんのようなスターになると、

周囲の範囲にファンも含むので、かなり

広範囲になります。

サビアン度数牡牛座10度の期待を

背負っていることになります。

これは、簡単に言うと、人を助けることを

求められます。

牡牛座なので、自分を直接的に犠牲に

するのではなく、自分自身を高めて、

そこから溢れ出て来る豊かさを

多くの人に分け与えようとするのです。

器に少しずつ水をためていき、満杯になると

自然と溢れ出していくようなイメージです。

香取慎吾さんの中が満たされてこそ、周囲に

元気を与えることが出来るということでしょう。

このアンチバーテックスの内容は、周囲から

求められる役割であって、香取慎吾さんの

資質そのものではありません。

このような役割を期待されてSMAPだったと

思うと、少しグッとくる感じがします。

ところが問題は、ここからで、香取慎吾さんの

太陽や土星は、このアンチバーテックスと

スクエアなのです。

sponsored link

役割を果たすためにやるべきことは、理解出来ても

本当に自分がしたいことは分からないという側面に

苦しむ時期が長かったのではないでしょうか。

このようなアスペクトの一般論であれば、

そのような状況は、スクエアですから、交互に

表れるかも知れませんが、SMAPで活躍することで

アンチバーテックスの方が極端に肥大化したことは

想像に難くありません。

そのような資質から生まれる香取慎吾さんの周囲の

環境は、サビアン度数蠍座10度です。

周囲に信頼出来る仲間が生まれます。

しかし、この仲間は馴れ合いではありません。

これは、バーテックスでみますが、この感受点とも

スクエアです。

現在は、香取慎吾さん自身の幸せが、顔を出す

番かも知れません。

スクエアは資質が並んだような状態なら

ストレスですが、年齢を重ねて幾つか資質が

層になってくると深い愛に変わり易かったりします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!