深い仲になるということ

sponsored link

好きな人が出来ると、どうしたら踏み込んだ関係に

なれるのかと、考えがちですが、

深い関係になるならないという希望よりも、

深い関係になれるタイプかどうかというものが

先にあります。

本当の意味での深い仲というのは、

相手の本質と交流が出来るということですから、

手練手管で、無理矢理、深い仲になっても、

長続きしません。

生き方の本質が同じような枠組みでなければ、

無理があるのです。

この同じような枠組みというのは、きちんと

ホロスコープを把握すると見えてきます。

これは、相性の良し悪しとは別問題です。

あえて言語化すると、価値観が全く違うように

思えても、生きるテーマが似ている

組み合わせです。

似ているどころか、同じようなステージに

いる場合もあります。

良い夫婦は、戦友みたいな感じがどこかしら

あるものですが、まさにそれです。

これは、相性の良し悪しとは別問題で、

腐れ縁みたいな場合もあります。

このような縁の中で、相性の良い人同士が

結ばれるようになっています。

自分なりの努力をしないと、文字通り腐れ縁を

選んでしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!