第12ハウスの月という母親

sponsored link

12ハウスの月がある場合、母親は、母親的

立場から逃げていきます。

それは育児放棄までいかなくても、一番多いのは、

精神的な母親らしい立ち位置から、外れて

いく形です。

月の状態、ホロスコープ全体のバランスで、

その内容、程度はそれぞれです。

その中でも一般的なのは、母親が子供に

甘えるというスタイルです。

大人の甘えというのは、子供に自分の願望を

巧みに押し付けることも含みます。

親が子供に対して簡単に切れたり、

負の感情のゴミ箱にすることも同じです。

圧倒的に立場が上の人間が弱者に甘えると、

酷ければ、虐待(性的なものも含みます)、

ありがちなのは、好み、価値の押し付け、洗脳、

父親との代理闘争、あげればきりがありませんが、

第12ハウスに月がある場合は、母親は何らかの

形で逃げるので、母親を問い詰めることは時間の

浪費になりますし、現実的に情緒的利益を守り、

経済的負担を避けるには、母親はいないという

スタンスで意識を組み立てるくらいドライな方が

上手くいきます。

2・3回母親と喧嘩でもして、本当に

向き合ってみると第12ハウスの月が示す母親が

逃げることが理解出来ると思います。

深追いしてもあらゆる面で無駄です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!