深い仲になるということの実例その1

深い仲になるということは、一緒に生きることと

同じような意味で書いていますが、かと言って

即、結婚ということではありません。

「深い仲になるということ」の最初の記事は

こちらです。

ある女性は、金星と火星のスクエアが

ありました。

金星と火星のスクエアは、一歩間違うと事件性の

ある恋愛や結婚になる可能性があります。

ですから、どちらかを自分で引き受けて

片方を恋愛関係等を通して向き合うのが

お勧めなのですが、現実はそうはいきません。

sponsored link

この女性は、事件性のある恋愛を乗り越えた後に

新しい男性と交際がスタートしたのですが、

その男性も天体の組合せは違いますが同じサインの

スクエアを持っていたのです。

手短に結論を言えば、男性の方は、自分のスクエアに

対して半分とも言える一つの天体が意味するものを

死に物狂いで身に付けていました。

葛藤を全面的に異性関係に委ねる女性とでは、

同じような因縁で結ばれても、生き方に

厳しさが違った結果、やはり別れが訪れたのです。

スクエアの矛盾を自分の愛で担わずに、誰かの

愛に託そうとすると、関係性から抜け出ることは

困難になります。

別離の引き金は、新しい男性との交際がしばらく

経過した後に、前の交際相手の男性から連絡が

来たことでした。

sponsored link

その女性が寄りを戻したわけではないようですが、

元彼の気配がちらつくようになってしまったのです。

因縁としては、かなり深いものがあって、相性も

かなり良い組合せでしたが、新しい交際相手の男性は

半分自立していたので、結果的に存在がスライド

していったようです。

彼女にとって深い仲になるということは、元彼だった

のかも知れません。

ほぼ同じような因縁(スクエア以外にもあり)で

共に同じようなステージで協力して生きて

いけそうでも、このような場合もあります。

女性の立場で考えれば、元彼に戻っても、恐らく

同じことの繰り返しになるでしょうし、自力で

前に進むには、途方もない努力が必要になるのです。

深い仲になるということの構造的な意味はこちらです。

深い仲になるということは、お互いのホロスコープの

構造的な相性まで踏まえたものになるので、単なる

相性とは異なります。

気になる場合は、きちんとした鑑定が必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!