太陽と火星のスクエアのありがちな3パターン

sponsored link

太陽サインと火星のスクエアを使う時の

ありがちな3パターンです。

一つ目です。

太陽サインによって統合された自分を脅かす

火星から距離を取ったり、嫌ったり、反対に

太陽サインを弱めて火星を走らせるケースです。

受験勉強や仕事等、つべこべ言わずに実行しないと

いけない場合は、自分のまとまり等は、二の次に

して目の前のことに取り組まなければならないので

火星を発揮することで、太陽サインを無視

し易い感じになります。

飲んだり食べたりすることで、自分を回復しようと

する傾向が強くなります。

二つ目です。

火星の部分的な利用をするパターンもあります。

都合の良い部分だけを吸収して、合わない価値を

引き受ける距離や関係性になろうとすると

火星の価値で選択した人や物、事から逃げ出すのです。

そもそもが合わない価値観なので、太陽サインから

みれば、受け入れられる部分しか受け取りようが

ありません。

客観的に見ると、火星が取り組む価値に対して

利用するような立ち位置になってしまうので

注意が必要です。

場合によっては、トラブルになります。

sponsored link

三つ目です。

火星は個人にとっての大切な活力ですから、

火星が必要とする対象に対して関わらないわけには

いきません。

最終的な理想は基本的に相いれない異なる価値観を

愛で繋ぐことなのですが、恋愛や結婚と同じで、

まず自分の火星を客観的に見つめて、理解して

受け入れられるところを少しずつ知っていくだけでも

使えるようになります。

実際に使い出すと火星も大切な自分自身ですから、

元気も出ますし、パフォーマンスも良くなるので

明るい気持ちで火星に向き合えるようになります。

両方をよく知ることで、どちらかを無意識に

排除することがなくなり、スクエア特有の突発的な

トラブルに見舞われなくなります。

結局は、太陽サインが火星を生かす形を見つけて

育てていくというスタンスがスクエアを繋ぐ愛に

なるのかも知れません。

ただし、水瓶座と蠍座のスクエアの組合せは

引っ付いたものを無理矢理剥がそうとしたり、

離れようとするものを無理矢理密着

させようとします。

これが男女関係(火星と金星のスクエア)に

反映されると、子はかすがいではありませんが、

かすがいの子供が犠牲になったり、堕胎、

犠牲になるものが無ければ、暴力性も生じ易いので、

無理は禁物です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!