金星でしか埋められない心の隙間

「愛はある」と伝えたい言葉は、家庭という密室で

苦しんだ人たちへの言葉のつもりでした。

月を通して失われた時間を取り戻す努力をしても、

人には、実際に愛されることでしか埋まらない

隙間があります。

何より、いつかは誰もが誰かと愛し合うことに

なります。

恋愛は、そのスタート地点に他なりません。

同じ言葉でも、その人に合った誰か(愛する人)が

伝えることで、初めて命を吹き込めるのです。

sponsored link

そういう意味合いにおいて、金星はとても大切です。

金星を生かすのは太陽サインです。

金星だけに着目すると、愛されるために

媚びを売るみたいな姿勢になってしまいます。

能動的に愛し、愛されるには、金星の資質を

きちんと太陽サインでマネジメントされる

必要があります。

愛することの中に愛されることが

含まれているのです。

全人格的に言えば、全ての感受点が

関わってきますが、愛されることでしか

埋まらない隙間は、金星が担っています。

だからこそ、金星に頼るのではなく、金星を

生かす視点が大切です。

負の連鎖に陥るのは、愛されることだけに意識が

向くからです。

愛されるために、媚びを売ることも、尽くすことも

必要ありませんから、恋愛を拒否しなくても良いし、

そもそも、恋愛は愛の入り口です。

愛はそこから始まるものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!