深い仲になるということ、結婚を意識し始めたら

深い仲になるということのその4です。

この場合は、肉体関係の有無よりも、結婚を

視野に入れていくのか、どうか悩み始め段階です。

交際相手とどのようなアスペクトを

作っているのかを検討して、将来を考える参考に

しても良いかも知れません。

一つの出会いにこだわる価値は、自分自身の

大切な部分に光を当ててくれる相手と出会った

場合です。

その自分が好きなら、愛しいなら、その愛情は

様々な価値と引き換えにしても良いかも知れません。

しかし、冷静に考えると、それはあなたの一部分で

全部ではありません。

sponsored link

ずっと追い求めていけるものなのか、一時の

情熱でも突っ走りたいのか意識する価値はあります。

もう一つ大切なことは、相手が自分に見せる部分は

相手にとっても全てではないということです。

どの部分で相手と繋がりたいのか、少し立ち止まって

見ると、同じパターンにはなり難くなります。

相手のことは、分からなくても自分のことは

ちゃんと考えることが出来ます。

愛して欲しいのなら金星を見た方が良いですし、

素に戻った状態で長く続けたければ、月を重視

した方が良いかも知れません。

意気投合して結婚しても水星くらいしかアスペクトが

ない場合もあります。

タイミングで盛り上がって同士的な気持ちで

踏み切っているのです。

これは、どちらかに自信が付いてくると難しく

なり易い結び付きです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!