西村和彦さんに学ぶ結婚の価値

西村和彦さんと国重友美さんの離婚が

報道されましたが、興味深い点があります。

西村和彦さんは、太陽と土星がインコンジャクトです。

インコンジャクトは、本来、理解不能な関係に

あるものが、何とか落としどころを見つけて

有用な能力に鍛えていくアスペクトです。

西村和彦さんの最初の奥さんである立原麻衣さんの

土星のサビアン度数は、魚座29度です。

これは、西村和彦さんの土星と全く同じです。

sponsored link

ここに西村和彦さんの太陽という理想を鍛える

強い意思が窺えます。

西村和彦さんの太陽は、獅子座なのです。

魚座の土星を目指すことで、獅子座の創造性を

あらゆる制約から解放された状態で発揮

したいという目標を持って努力します。

これを俗っぽく言えば、ずっと人気のある状態で

いたいということですし、そうあるように

常に努力するという意味でもあります。

太陽サインは、西村和彦さん自身で、土星という

一つのゴールとして立原麻衣さんの存在が

あったことは容易に想像出来ます。

生まれつきインコンジャクトがある人にとって

それ自体の影響は、さほど窮屈には感じませんが、

そこに実在する人間が乗って来ると、やはり

辛いかも知れません。

そして、インコンジャクトが生み出すものは

ある程度成果が出ると、その窮屈さから、いったん

離れようとします。

結婚から離れれば離婚です。

sponsored link

西村和彦さんの太陽と国重友美さんの太陽は、

全く同じというわけではありませんが、

西村和彦さんは、太陽、水星、金星が獅子座で、

国重友美は、太陽、水星、火星、海王星が射手座で

木星は獅子座です。

二度目の結婚は、西村和彦さんが、太陽よりの

選択をしたことは明らかです。

太陽と土星のインコンジャクトを結婚生活を

通して体験した、自分を鍛えたと言っても

良いかも知れません。

立原麻衣さんと土星的価値から9年間、

国重友美さんと太陽的価値から9年間です。

様々な結婚や離婚がありますが、このような形も

真実味のある関係性だと思います。

インコンジャクトですから、成長するため

結婚や離婚と言って良いかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!