第11ハウス土星の生命線の背景

人が思い描く理想の裏には、必ずある種の

自由の制限があります。

しかし、真の自由とは、宗教的なものに

なってしまうので、現実の自由は限定されてこそ

その輝きを放ちます。

本来の第11ハウスの意味は、第10ハウスの

中での限定された成功からはみ出た個人的な

希望を仲間と叶える場所です。

その場所に土星が制限をかけてくるのです。

sponsored link

第11ハウスの土星の生命線の背景に

あるものは、子供の交友関係に口を

出す親の存在です。

口を出す理由は、それぞれの親によって

全く異なりますが、そのような心理的制限を

無意識に身に付けた人は、理想の仲間と

作る理想の未来を思い描くようになります。

しかし、シビアな言い方をすれば、

理想の未来を描けるようになるまでは、

非常に現実的な考え方をしていて、

実力に応じて未来をつかめるというような

世知辛い考え方をすることが多いようです。

第11ハウスにある土星を生かすためには、

どこかで、傷付くことによって生まれた

現実主義の呪縛を解放するに相応しい愛と

出会う必要があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!